シアリスの効果と服用方法|【シアリスでお悩み改善】いろんな人に利用されているED治療薬|ED治療ナビ

シアリスを利用する際は服用方法に注意しましょう

ED治療ナビ

シアリスは20mgまで

個人輸入サイトなどでシアリス100mg錠剤を販売しているところなどもありますが、正規のシアリスは20mgまでしかないため注意しましょう。

シアリスが選ばれる理由

no.1

20代後半男性

食事などの影響を殆ど受けないため、デートの時などに予め飲んでおくことで食事やアルコールを入れた後などにスムーズに異性を誘うことができる。

no.2

30代後半男性

ウィークエンドピルと呼ばれている通り、非常に効果時間が長いのが魅力。パートナーとの夜の生活から翌朝まで問題なく勃起が維持できていた。

no.3

40代前半男性

持続時間が長いから、効果が切れるのを気にせずに利用することができる。1度行為が終わったら効果が切れるというわけではないところも安心。

no.4

40代後半男性

医薬品を利用する際には副作用などの心配がでてくるが、シアリスは副作用も顔のほてりなどの軽い症状しか出なかった。そのため、心配することなく使用することができる。

no.5

50代前半男性

体質的に合わなかったのかバイアグラでは効かなかったが、シアリスを利用することで中折れすることがなくなった。硬さも持続できているため非常に満足している。

シアリスの服用方法

使用するタイミング

シアリスの利用タイミングは、行為の3時間~4時間ほど前です。行為に及ぶ可能性がある場合などは、早めに飲んでおくほうがいいでしょう。

食前食後は関係しない

錠剤などはよく食前や食後などの服用するタイミングに指定がある場合が殆どですが、シアリスは食後の影響を殆ど受けません。しかしながら人体は胃が空っぽな方が薬の吸収率が高くなるため、空腹時が最適です。

グレープフルーツに注意

シアリスの効果時間中や服用する予定がある場合は、グレープフルーツを摂取しないようにしましょう。グレープフルーツに含まれる成分がシアリスの効果が体外に排出されるのを防いでしまうため、効果が抜けきらずに思わぬ副作用が出る場合があります。

シアリスと併用してはいけない薬物も

狭心症の薬である硝酸剤や不整脈の薬などとの併用は、血圧が異常に下がってしまうため併用は厳禁です。最悪、生命に危険が及ぶ可能性があります。

連続服用は厳禁

効果が切れてしまったからといって、連続服用をするのは危険です。シアリスは1度の服用後から1日程度時間を空ける必要があります。

シアリスの効果と服用方法

薬

具体的なシアリスの効果

日本で認可されているED治療薬は3つあり、それぞれ特徴が違います。その中でも一番新しく作られているシアリスの具体的な効能を見ていきましょう。

効果はED治療薬共通

ED治療薬の効果は基本的に共通で、血管を拡張することで血液が男性器にいきやすくなり、勃起ができるように改善させるといった事を目的とされています。

ED治療薬に興奮効果はない

あくまでED治療薬は勃起をしやすくするためだけの薬ですので、媚薬などのように興奮作用などはありません。勃起をするためには、性的興奮が必要不可欠となります。

シアリスは長時間持続する

効果が共通ならばどうして薬品が分かれているのかというと、それは効果が出始めるまでの時間と持続時間に差があるからです。バイアグラやレビトラは即効性とよばれて服用から1時間以内に効果があり、5時間から10時間ほど持続します。対してシアリスは遅効性であり、効果が出るまでは3時間ほど必要になります。しかしながらその持続時間はとても長く、24時間から36時間持続するといわれています。

シアリスの疑問

利用したがうまく効かない時もある

殆ど食事の影響を受けないシアリスですが、油分が豊富な食事の場合は摂取した油分が胃に膜を張ってしまい、うまく薬が浸透しない場合があります。

シアリスに依存性などはないか

あくまで勃起を補助するための薬であるため、脳に影響などはありません。そのため依存症などはありません。

他のED治療薬と併用しても大丈夫か

狭心症や不整脈の薬以外は基本的に大丈夫ですが、思わぬ副作用を生む可能性などが出てくるため、併用するのは避けた方がいいでしょう。

シアリスにジェネリック医薬品はあるのか

国内では処方されていませんが、インド製ジェネリック医薬品の中にもシアリスのジェネリック医薬品があります。東京など日本で入手する場合には個人輸入が必要となります。

耐性がつくことはあるか

神経に働きかけるような効果は特にないため、シアリスを服用し続けて耐性ができるということはないのでご安心ください。ただ、体調により効果が実感し辛くなることはあります。

広告募集中